読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Karinののんびりな日常

これも70億分の1の人生。いろんなことがありますね。

アメリカで楽しかったこと。

アメリカ~アメリカ~憧れの国~~🎵

 

という歌がありますが、実際は結構つらかったです。それは前回の記事に。

今回は楽しかったこと。

 

アメリカと日本で最も異なるところ、それは「式」に対する考え方だと思います。

アメリカの入学式や卒業式などは日本と違い予定がカッチリしていません。日本だと国歌斉唱~とか来賓紹介~とか堅苦しい笑ものがありますがアメリカは「じゃあはじめよっか」みたいな感じです。服装もスーツなどを着る人はあまりいません。みんなカジュアルです。

私はそういうゆるっとした文化がとても気に入りました。行事も文化祭と体育祭だけでなく、小学校限定ですが誕生日の生徒にパーティーを開いたり、ハロウィンもあったりします。生徒が学校生活に飽きないよう工夫されていて楽しかったです。

 

アメリカは車社会なので友達の家に行くときも大抵親が車で送り迎えをします。日本人が多い地域で、日本人グループと仲良くなれてお泊りに行ったりもしました。学校が終わるのも早く放課後はよく一緒に遊んだものです。(宿題が多い日もたくさんあって大変だったけど笑)

 

週に一度サンフランシスコの日本語補習校という日本語で日本の授業を行う施設に通っていました。そこでは大体が日本人で、少人数ということもあってみんな仲が良かったです。今でもそこの友達と東京に集まって遊んだりします。最近は受験で忙しい子が多くて会えませんが・・。

 

まあ、こんな感じで私はアメリカで3年を過ごしました。この経験は大きな財産なので、将来に活かせたらいいなと思っています。