読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Karinののんびりな日常

これも70億分の1の人生。いろんなことがありますね。

誕生日プレゼントの値段

先週友達の誕生日が近かったのでプレゼントを買いに行きました。

その友達はジブリが好きで、特に魔女の宅急便が好きなので黒猫ジジちゃんのマスコットを選んだのですが。

その価格は¥1000+税。

 

さあ、この価格はプレゼントには高すぎでしょうか、安すぎでしょうか。

 

毎回迷うんですよ。友達への誕プレの値段はどれくらいが妥当なのか。

だから、私は人にプレゼントするのがあまり好きではありません。

 

いや、もちろんわかってはいるんですよ!一番大切なのは気持ちだって。

でもでも!自分があげたプレゼントが一番安かったらと思うと申し訳ない気持ちになりませんか?

 

で、レジに向かったわけですが

「ここ(値段のところ)マジックで消してもよろしいでしょうか?」

とのこと。

おねえさん、当然ですとも。

それでラッピングなどを選んだりしてプレゼント購入は終わったわけなのです。

 

当日。学校にてプレゼントを渡しました。

袋を開ける友達。私も一緒にのぞき込んだら

 

思いっきり値段が見えているではありませんか。

 

ふざっけんなあのクソ店員!!!!

 

安いかもね、ごめんねと謝りましたが。

どうも怒りが収まらない。
ちなみに私が見たほかのプレゼントはというと

  • 動物と木の絵がかいてある取っ手なしカップ
  • 子猫の絵がかいてあるマグカップ
  • 魔女の宅急便ステンドフレームカレンダー

です。

うーわまじかーーー。私の一番安いかもじゃん!!

いたたまれないというか、申し訳ない気持ちでいっぱいになるというか。

高ければいいってものでもないんですけどね。

誕生日プレゼントって、難しいです。